大神ミオの中の人(前世)はメイアン!?素顔や炎上休止についてまとめました

ホロライブゲーマーズ所属Vtuberの大神ミオ(おおかみみお)

落ち着いた口調で、優しくも、時に厳しく、という性格からミオママとも呼ばれて親しまれています。

また、ゲームが大好きで、色々なゲームをプレイしています。

しかし、本人はヌルゲーマーを自称しており、カジュアルに楽しんでいるようです。

今回はそんな、大神ミオの中の人(前世)などを調査していきたいと思います。

大神ミオの中の人(前世)は誰?

大神ミオの中の人(前世)は、ゲーム実況で活躍していた「メイアン」という説が有力です。

なお、「メイアン」と噂される根拠は、

  • 声質が似ている
  • 活動開始と休止の時期
  • ゲームの好み

の3点が挙げられます。

詳しく見ていきましょう。

声質が似ている

大神ミオといえば落ち着いた口調と可愛らしい声が特徴です

そこで、「大神ミオ」と「メイアン」のお二人の声を聞き比べてみましょう。

【大神ミオ】

【ポケモンアルセウス】新しいポケモンの世界やったー!!!【ホロライブ/大神ミオ】

【メイアン】

いかがでしょうか?

「大神ミオ」の方が少し元気な印象も受けます。

しかし、両者はとても似ている、というかほぼ同じように聞こえます。

声質から「大神ミオ」と「メイアン」が同一人物と言われるのも頷けます。

活動開始と休止の時期

両者の活動休止や開始の時期を確認してみましょう。

2018/12/01 メイアンのTwitter更新が停止

2018/12/06 大神ミオのTwitter初投稿

2018/12/08 大神ミオの初配信

2019/01/12 メイアンがTwitter更新

・2019/01/13 メイアンが活動休止を発表

「メイアン」のTwitter更新が停止した後、大神ミオのTwitterが動き出した等、活動時期がちょうどずれている点。

また、メイアンの活動休止ツイートにて、「また多分どっかで会えます」と言っています。

これは別の活動(大神ミオ)を示唆している思われます。

そういった点からも、大神ミオの中の人(前世)が「メイアン」と言われているのだと思われます。

ゲームの好み

3つ目の共通点ですが、両者のゲームの好みを見てみましょう。

まず1つ目が、「Splatoon(スプラトゥーン)」が強い点です。

大神ミオは幅広いジャンルのゲームをプレイします。

特にSplatoonの強さはホロライブ内でも圧倒的なことで有名です。

なお、「ホロライブスプラ部」という活動があります。

そこで、顧問としてメンバーに教えるような立場で活躍しています。

【清楚】闇に落ちがちな狼のガチエリア【スプラトゥーン2】

一方のメイアンですが、こちらも「S+」という上位のレートになったことがツイートされています。

そして、Splatoonの他のゲームの共通点では、両者ともホラーゲームが苦手とのことです。

ここまで、3つの共通点について調査してきました。

このような共通点があれば、大神ミオの中の人(前世)が「メイアン」と噂されていることにも頷けます。

メイアンは顔バレしている?

大神ミオの中の人(前世)と言われている「メイアン」ですが、素顔を動画で確認することができました。

女性実況者 クッキングバトル! part 1

左から2番目(狐面)の横の方がメイアンです。

自分でも(冗談ですが)「実況会の母」と言っていますので、ミオママと繋がる部分もあるのかもしれませんね!

大神ミオのイラストレーターは?

大神ミオのイラストレーター(デザイン)は、「泉彩(@AC______)」さんです。

泉彩さんTwitterトップ

そして、大神ミオのLive2D(イラストの動き)を担当している方は、「rariemonn(@rariemonn765)」さんです。

rariemonnさんTwitterトップ

なお、大神ミオには3Dモデルもあります。

そちらの担当は、「八剣(@yatsurugi_mmd)」さんです。

八剣さんTwitterトップ

いずれの方も、Twitterトップに「大神ミオ」と明記されています。

大神ミオは炎上した?

2020年8月頃、大神ミオは1ヶ月程活動を休止していました。

配信休止に関するご説明【枠取り直し】

2020年7月29日に、ゴーストトリックという任天堂のゲーム実況の配信を行いました。

しかし、著作権侵害で動画が削除されてしまいました。

1ヶ月の活動休止は、その著作権違反における規制によるものであるようです。

これについては、上記のようにホロライブ運営のカバー株式会社がツイートを行っていました。

著作権についての問題は、ゲームのライブ配信や動画投稿を行う上では重要な問題です。

しかし、大神ミオは企業所属である為、ライブ配信するゲームの権利問題については、事前に運営に確認しているはずです。

ですので、大神ミオ個人の問題ではなく、ホロライブの監督責任の問題であるとも考えられます。

そして、大神ミオ復帰の際には、コンプライアンスの強化に努めるとのツイートも公表されました。

上述の通り、活動休止は一時的(約1ヶ月)で、現在は無事復帰して活動されております。

今後も、大神ミオ、そしてホロライブでもガイドラインを守って楽しい活動を続けて欲しいと思います。

まとめ

ここまで、大神ミオについて調査してきました。

まとめると、

  • 中の人(前世)は「メイアン」説が有力
  • Splatoon(スプラトゥーン)が得意
  • ホラーゲームが苦手
  • メイアンは顔バレしている
  • イラスレーターは「泉彩」さん
  • Live2D担当は「rariemonn」さん
  • 3D担当は「八剣」さん
  • 著作権違反で活動休止していたことがある

ということでした。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

Leave a Reply