ローレン・イロアスが活動再開を発表。違法DL問題は権利者と和解。

にじさんじ所属のVtuber「ローレン・イロアス」が活動再開することを発表しました。

ローレン・イロアスの活動再開

活動を自粛していたローレン・イロアスさんが、活動再開の発表しました。

自身のTwitterでは、

今回自分が起こした騒動について、自粛期間中に権利者様に直接謝罪させていただきました。
権利者様の寛大なご配慮により、和解させていただくことになりました。

と報告し、

今回の件を猛省し、クリエイターとして、一人の人間として二度と同じようなことを起こさないようにしていきたいと思います。
関係者の方々、またファンの皆様にご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした。

と続けました。

また、4月20日のライブ配信では謝罪と、これからの活動についてを語りました。

今回の件に関する謝罪と、これからの活動について。

次の日、4月21日には活動再開後、初めてのゲーム配信を行いました。

口調のほとんどが敬語になっており、視聴者には「敬語に違和感がある」「敬語笑う」とも言われていました。

それについて「ここ1ヶ月間各所で当たり前にずっと敬語だったんで、敬語が板についちゃって」と語っていました。

【APEX】お久しぶりです FPSリハビリします【ローレン・イロアス/にじさんじ】

活動自粛の経緯

騒動の発端は、2月27日に行った「VARORANT」配信に遡ります。

そこで、PCのとあるフォルダが映り込んだことに始まります。

フォルダ名が、とあるAV作品の型番と一致していました

そこで、違法ダウンロードではないかとの疑惑が持ち上がりました。

配信後、アーカイブは非公開になっていました。

その後、謝罪声明を発表し、著作物の無断利用を事実と認め、活動を自粛していました。

発端となったアーカイブは、該当の部分を削除して再投稿するとのことです。

コラボ企画等への影響も

ローレン・イロアスさんが参加予定だったサッカーJ1リーグとのコラボ企画は急遽配信を延期。

その後、ローレン・イロアスさんが不参加となる形で改めて配信が行われました。

ApexLegendsのCRCUP参加やVARORANTのスクリム参加など、FPSゲームで活躍を見せてくれました。

自粛開けの配信ではApexLegendsをプレイしており、久しぶりのゲームと言っていました。

今後もまた活躍し、面白い配信活動を続けて欲しいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。