とこ(TOKO)の年齢や本名等のwikiプロフィール!身長はいくつ?

とこ(TOKO)さんは元風俗嬢という経歴をお持ちのトーク系女性YouTuberです。

ご自身が“黒歴史”と語るさまざまな体験は、多くの方の共感を呼び、応援の声が絶えません。

また、聞きやすい声には温かみがあり、自分の事をさり気なく語る姿が好ましく見えます。

そんなとこ(TOKO)さんとは一体どのようなプロフィールの持ち主なのでしょうか?

そこで今回はとこ(TOKO)の年齢や本名等のwikiプロフィール!身長はいくつ?と題してとこ(TOKO)さんについて調査してみたいと思います!

とこ(TOKO)の年齢や本名等のwikiプロフィール!身長はいくつ?

とこ(TOKO)さんについて紹介していきます!

とこ(TOKO)の年齢

とこ(TOKO)さんの年齢は32歳です。(2021年6月現在)

そして、生年月日は1989年6月12日

Twitterのプロフィール欄に記載があります。

また、年齢についてはこちらの自己紹介動画の冒頭でも明かされていますね。

ビジュアルは年相応かなといった印象ですが、落ち着きぶりはやはりさまざまな体験をされてきたからなのでしょうか。

とこ(TOKO)の本名

とこ(TOKO)さんの本名は非公開で不明です。

もし活動名の「とこ」が本名と関連があると仮定すると…

名字であれば「ところ」「とこい」など、

名前であれば「とうこ」「としこ」「さとこ」などが思いつきますね。

いずれにせよ、想像の域は出ませんが…

とこ(TOKO)の身長

とこ(TOKO)さんの身長は163cmです。

Twitterに投稿された健康診断の結果から知ることができます。

また、Twitterのダイエット報告を参考にすると、体重は44〜45kgくらいのようです。

それはそうと、視力って1年でこんなに変化するものなんですね。

とこ(TOKO)のwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

I am TOKO(@tokotoko1989)がシェアした投稿

  • 名前:とこ【本名:非公開】
  • 年齢:32歳(2021年6月現在)
  • 出身:東北地方?
  • 趣味:映画鑑賞
  • 職業:YouTuber、フリーター?

とこ(TOKO)の経歴

詳しいことは明かされていませんが、とこ(TOKO)さんの実家はマグロ漁師をされているようです。

NHKの朝ドラ『おかえりモネ』は宮城県の気仙沼が舞台ですから、このあたりのご出身なのかもしれませんね。

上京されたのがいつのことなのかはっきりわかりませんが、大学は都内の大学だったようです。

そして中退〜フリーター〜姉に借金〜風俗のお仕事へという道をたどります。

詳しい経緯についてはこちらの動画で語られていますので、興味がある方はチェックしてみてください。

24歳ごろに始めた風俗嬢のお仕事は3年半ほど続けられたそう。

その後、派遣社員として勤務した先に正社員で採用されますが、うつ病が原因で退職。

現在は専業YouTuberとして活動されています。

そんなとこ(TOKO)さんの人気の動画はやはり、風俗系のテーマですね。

YouTube初投稿が2020年7月。2021年6月現在のチャンネル登録者数は8.08万人にのぼっています。

とこ(TOKO)さんはご自身がうつ病、ADHD(発達障害)であることを動画でカミングアウトされています。

これまで経験されてきた“生きづらさ”を率直に、また暗くならずにお話しされている点が視聴者に支持されている要因かもしれません。

目標の「チャンネル登録者数10万人」を目指して頑張っていっていただきたいですね。

とこ(TOKO)はインスタやっている?

とこ(TOKO)さんはインスタのアカウント(tokotoko1989)をお持ちです。

こちらのような自炊記録(ダイエット用?)の写真が中心です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I am TOKO(@tokotoko1989)がシェアした投稿

野菜たっぷりなのが健康食っぽくていいですね。

たまにこちらのような自撮り写真もあります。お顔がよく見えないのはちょっと残念…

 

この投稿をInstagramで見る

 

I am TOKO(@tokotoko1989)がシェアした投稿

まとめ

今回はとこ(TOKO)の年齢や本名等のwikiプロフィール!身長はいくつ?と題してお届けしてまいりました!

  • とこ(TOKO)さんは1989年6月12日生まれの32歳(2021年6月現在)です。
  • 本名については非公開でした。
  • 身長は163cm。体重は44〜45kgくらい。
  • 元風俗嬢としての体験などを語った動画が多くの視聴者の共感を呼んでいます。

という結果になりました!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

Leave a Reply